会社の存続期間の定め

会社の存続期間は、定款に記載する事項ですが、絶対的記載事項ではありません。

 

会471条

株式会社は、次の掲げる事由によって解散する。

1、定款で定めた存続期間の満了。

 

よって、会社が設立された後でも定款を変更すれば、会社の存続期間を定めることが可能です。

 

会社設立時に決めておかなくても大丈夫です。

 

でも、これから会社を作る段階で、会社をたたむ時期なんてあまり考えませんよね。