被害者のかわりに損害賠償請求したい

Aさんが、Bの不法行為により死亡しました。死亡したAさん自身はBに対し、損害賠償の請求はできません。では、だれがAさんに代わってBに対し、損害賠償の請求ができるのでしょうか。妻?子?兄?原則できるのは、父母、配偶者、子となります。

 

民法第711条

他人の生命を侵害した者は、被害者の父母、配偶者、及び子に対しては、その財産権が侵害されなかった場合においても、損害の賠償をしなければならない。