大工さんが損をしないように

 

「請負契約」は、仕事の完成を約束する契約です。目的物が制作して完成する場合、完成物の引渡しの問題があります。完成物の所有権は誰にあるのでしょうか。注文者?請負人? 所有権の帰属についていくつかの判例があります。

 

・注文者が材料の全部または主要部分を提供した場合は、建物の所有権は注文者に帰属する。

・請負人が主要部分を供して建物を築造したときは、建物の所有権は請負人にあり、注文者に引き渡して、はじめて注文者に帰属する。

・仕事の完成までに注文者が請負代金の大部分を支払っていた場合、完成と同時に所有権は注文者に帰属する。

ケースバイケースです。

特約がある場合は、当然その特約に従います。

 

大工さんが損をしないような判例ですね。