お米を貸してくれ

AさんがBさんに「米がないので、米を貸してくれないか」と頼んだとします。これは売買契約ではありません。では、どんな契約になるのでしょうか。種類、品質、数量の同じものを返す約束は消費貸借契約と言います。BさんはAさんから借りた米を消費(食べて)して同じ種類、品質、数量を返還すればいいのです。お米の場合、同じ数量は難しいですかね(笑)ちなみに、これがお金になると金銭消費貸借契約となります。よく行われているお金の貸し借りです。

民法第587条

消費貸借は、当事者の一方が種類、品質及び数量の同じ物をもって返還をすることを約束して相手方から金銭その他の物を受け取ることによって、その効力を生じる。