恐ろしい連帯債務

連帯債務とは債務者の全員のそれぞれが独立にすべての弁済をしなけれなりません。よって債権者は債権を回収できなくなるリスクを減少させることができます。連帯債務の特約をつけなければ原則分割債務となります。しかし、連帯債務の特約をつけると、例えば、AさんがB,C、Dの3人に300万円貸していたとします。AさんはB、C、Dのうち1人、または、同時に若しくは順次に全員に対して300万円の全部又は一部の弁済を請求することが可能です。強力な債権ですよね。債権者にとって有利な特約と言われております。

民法第432条

数人が連帯債務を負担するときは、債権者は、その連帯債務者の1人に対し、又は同時に若しくは順次にすべての連帯債務者に対し、全部又は一部の履行を請求することができる。