100万円返します

BがAから200万円借りています。AはBに対して200万円返せという債権を有しています。BがAに100万円の時計を売ったとします。弁済期にBはAに対して、いくら支払えばいいのでしょうか。相殺とは法律行為の簡易決済です。そして相殺するにはBの意思表示で足ります。よってBは借りているお金と時計の代金を相殺しようとAに伝えれば、借りている200万円のうち100万円が消滅します。よってAに対して100万円を弁済すればいいわけです。

民法第505条

2人が互いに同種の目的を有する債務を負担する場合において、双方の債務が弁済期にあるときは、各債務者は、その対当額について相殺によってその債務を免れることができる。ただし、債務の性質がこれを許さないときは、この限りではない。

  • 〒120-0022
    東京都足立区柳原2-12-5
    キマイラビル203
    (北千住駅徒歩7分)
    <出張訪問いたします>

    - 対象地域 -
    東京都全域、千葉県、埼玉県、
    茨城県(つくばエクスプレス、常磐線)
    他首都圏近郊

  • 熟年結婚、熟年再婚コンシェルジュ
    おまかせ!DNA鑑定団
    北千住外国人ビザ相談センター
    逝去後手続き相談所