時計で勘弁して下さいませ…

お金を借りたら、お金で弁済するのが当然です。BさんがAさんから100万円借りていたとします。弁済期限が到来してしまいましたが、Bさんには現金がありません。しかし100万円の価値がある腕時計を持っていたとします。この場合、時計で弁済することは可能でしょうか。このケースはAさんの承諾がある場合に限り可能です。

民法第482条

債務者が、債権者の承諾を得て、その負担した給付に代えて他の給付をしたときは、その給付は、弁済と同一の効力を有する。