参議院の存在

公職選挙法の改正案(0増5減)が衆議院で再可決されるようです。

法律、予算、条約および内閣総理大臣の指名に対し「衆議院の優越」があります。

簡単に言いますと、参議院で否決されたり、その法律案等を議決すらしない場合には、衆議院で決めたことが、
成立します。これって参議院が存在する意味がありますか。確かに参議院があるため、衆議院の暴走を防ぐ役割も
あるようですが。法律、予算、条約、総理大臣の指名ですから、重要な事項ほとんどに「衆議院の優越」があります。

憲法第59条

【1項】
法律案は、この憲法に特別の定のある場合を除いては、両議院で可決したとき法律となる。
【2項】
衆議院で可決し、参議院でこれと異なった議決をした法律案は、衆議院で出席議員の3分の2以上の多数で再び可決したときは、法律となる。
【4項】
参議院が、衆議院の可決した法律案を受け取った後、国会休会中の期間を除いて60日以内に、議決しないときは、衆議院は、参議院がその法律案を否決したものとみなすことができる。