自分の土地を担保にお金を借りる

前回までは質権の解説をいたしました。自分の時計などを預けてお金を借りる。大切な物を債権者に預けているので、必ず返済しなくてはならないからプレッシャーですね。実際、返済できなければ、その物から優先的に弁済をすることとなります。今回解説する抵当権は少し質権とは異なります。土地などを担保とした場合、その目的物をその者の手元に残して債務が不履行(弁済できなかったら)となった時に、抵当権を実行(売却など)して優先的に弁済を受けることとなります。その土地を自分で使用したままでいいのです。

民法第369条

抵当権は、債務者または第三者が占有を移転しないで債務の担保に供した不動産について、他の債権者に先立って自己の債権の弁済を受ける権利を有する。

  • 〒120-0022
    東京都足立区柳原2-12-5
    キマイラビル203
    (北千住駅徒歩7分)
    <出張訪問いたします>

    - 対象地域 -
    東京都全域、千葉県、埼玉県、
    茨城県(つくばエクスプレス、常磐線)
    他首都圏近郊

  • 熟年結婚、熟年再婚コンシェルジュ
    おまかせ!DNA鑑定団
    北千住外国人ビザ相談センター
    逝去後手続き相談所