盗まれたあげくお金まで取られて

前回お話しました即時取得(泥棒から買っても所有権が取得できる)の続きです。
カメラの真の所有者Aは即時取得によりカメラの持主になったCからカメラを取り戻すことができます。期間は2年間以内です。しかしCがカメラをお店(ディスカウントショップなど)で買ったり、または、Bがカメラを販売する仕事をしていたような場合にはCが支払った代金をCに弁償しないとカメラを取り戻すことができません。
自分のカメラが盗まれたのに、それを取り戻すのにお金がかかります。

民法第193条

前条の場合において、占有物が盗品または遺失物であるときは、被害者または遺失者は、盗難または遺失の時から2年間、占有者に対してその物の回復を請求することができる。

民法第194条

占有者が、盗品または遺失物を、競売もしくは公の市場において、またはその物と同種の物を販売する商人から、善意で買い受けたときは、被害者または遺失者は、占有者が支払った代価を弁償しなければ、その物を回復することができない。

  • 〒120-0022
    東京都足立区柳原2-12-5
    キマイラビル203
    (北千住駅徒歩7分)
    <出張訪問いたします>

    - 対象地域 -
    東京都全域、千葉県、埼玉県、
    茨城県(つくばエクスプレス、常磐線)
    他首都圏近郊

  • 熟年結婚、熟年再婚コンシェルジュ
    おまかせ!DNA鑑定団
    北千住外国人ビザ相談センター
    逝去後手続き相談所