取り消すのに時効がある

以前、未成年者の法律行為や成年被後見人などの法律行為は親や、後見人の承諾がないと取消すことができると解説いたしました。その取消しについてですが、実は時効があります。取消すことができるのにそれをしないとなると、取引した相手の状態も不安定です。そこで我、民法は期限を定めました。権利の上に眠る者は保護せず、なんて言ったりします。取消すことができて、取消したいのであれば、取消すことができる権利があるといって安心してもたもたするな。ということでしょう。
取消す事を忘れてしますこともありますしね。我、日本民法は取引した相手方も保護しています。

民法126条

取消権は、追認(取消すことができるとき)をすることができる時から5年間行使しないときは、時効によって消滅する。行為の時から20年を経過したときも、同様とする。

  • 〒120-0022
    東京都足立区柳原2-12-5
    キマイラビル203
    (北千住駅徒歩7分)
    <出張訪問いたします>

    - 対象地域 -
    東京都全域、千葉県、埼玉県、
    茨城県(つくばエクスプレス、常磐線)
    他首都圏近郊

  • 熟年結婚、熟年再婚コンシェルジュ
    おまかせ!DNA鑑定団
    北千住外国人ビザ相談センター
    逝去後手続き相談所