冗談が通じない!?

日常会話の中でも冗談話をしたりすることもあるでしょう。しかし、あまり親しくない第三者にそのような話をするには注意が必要です。話をした自分は冗談のつもりでも、それを信じた相手は後から取り消されても納得がいきません。そこで民法はその話で相手が信じ込んでしまったら、話をした本人に責任を取らせます。例えば、冗談で自分の家を1万円で譲るよと言った場合、実際に1万円で譲らなくてはなりません。ただし、相手方が冗談と気がついていたり、自分のミスで知ることができなかった場合は無効となります。

民法93条

意思表示は、表意者がその真意ではないことを知ってしたときであっても、、そのためにその効力を妨げられない。だだし、相手方が表意者の真意を知り、または知ることができたときは、その意思表示は、無効とする。

  • 〒120-0022
    東京都足立区柳原2-12-5
    キマイラビル203
    (北千住駅徒歩7分)
    <出張訪問いたします>

    - 対象地域 -
    東京都全域、千葉県、埼玉県、
    茨城県(つくばエクスプレス、常磐線)
    他首都圏近郊

  • 熟年結婚、熟年再婚コンシェルジュ
    おまかせ!DNA鑑定団
    北千住外国人ビザ相談センター
    逝去後手続き相談所