一般的には、アパート借りる際、敷金を貸主に支払います。これは借主に関する一切の債務(家賃滞納、建物破壊など、原状回復費用)を担保するためのものです。敷金の関しては、借主が退出する際に原状回復費用などを理由に敷金を返してもらえない、または、返してもらってもわずかな金額の場合があります。建物の損耗に対して、借主はどこまで負担しなくてはならないのでしょうか。

 

1、借主の故意(わざと)、過失(不注意)、または、通常の使用を超えての使用による損耗等。
2、自然劣化、経年劣化による損耗。
3、借主が通常の使用により生ずる損耗。

 

上記の2と3については、月々の家賃に含まれていると考えられるため、借主には請求できないとされております。
泣き寝入りせず、お気軽に一度、ご相談下さい。